ベルタ

限定! 希少なベルタ社のヴィンテージ・グラッパをお取り寄せで!


ベルタ:"グラッパ・アロマティカ(薫り高いグラッパ)の第一人者"

限定!希少なベルタ社のヴィンテージ・グラッパをお取り寄せで!

“グラッパ・アロマティカ(薫り高いグラッパ)の第一人者“ベルタ”。 その人気は、すでに全世界的な規模になっており、あまりの人気に生産量が追いついていない状況になっています。

ベルタは、常に薫り高いグラッパにこだわり続けてきました。
もちろん、他のグラッパメーカーも香り高いタイプのグラッパは造っています。ですが熟成させたタイプとなると意外に少ないのです。それは、熟成させる期間が長いほど、生産者には資金が入ってこないからであり、また市場の好みが変わってしまう可能性もあるからです。

しかしながら、ベルタのグラッパは華やかな香と複雑な味わいながら決して強すぎず且つ、まろやかであり、そして芯が通った凛とした味わいが特徴的です。これは長い時間を経ることでしか得られないことは想像に難くありません。この貴重ですばらしいグラッパを今年も皆様にご案内できることをうれしく思います。是非お楽しみください。

グラッパとは

純粋にブドウの絞り粕(固形)のみを使用した蒸留酒は世界の中でもグラッパのみと言えます。フランスのマールなどもブドウの絞り粕を使いますが、アロマや糖分、発酵の段階によっては、アルコール分を抽出する為に一度水洗いを行います。つまり、その段階で「軽いワイン」を得るわけです。その軽いワインをイタリアではヴィネッロ、絞り粕をヴィナッチャと呼びますが、ヴィネッロを蒸留するのがマール。ヴィナッチャを直接蒸留する方がよりアロマティックに仕上がるのです。

イタリアではヴィナッチャを直接蒸留しなければならないと法律で定められています。イタリアのグラッパがこれほどアロマやフレーバーに富み、基本的に樽熟成する必要が無い所以です。そのグラッパをベルタではバリックで長期熟成させています。結果、華やかなアロマやフレーバーはそのままに、味わいは丸みを帯びて、より複雑さを増すのです。

ヴィンテージ・グラッパ誕生の秘話

その昔、アンジェロ・ガヤ、マウリツィオ・ザネッラなどイタリアの若く意欲的なワインの造り手たちがフランスへ視察旅行に出かけました。自分たちのワインを世界に通用するものにするための勉強を目的とした大切な旅行でした。そのメンバーの中の1人がブライダ社の故ジャコモ・ボローニャ氏。

この時メンバーは初めてバリックというものに出会いました。バリックの造り出す味わいはメンバーの誰もが経験したことのないものでした。イタリアに帰ってジャコモ氏は、1982年にフランスにバリックを注文する決意をしました。
その話に乗った人々の中にベルタ社の創業者、パオロ・ベルタがいました。ジャコモが讃えるバリックを試してみようと彼はグラッパをその中に仕込みました。10数年後…そのグラッパはいままでに経験したことのない、すばらしいコクをもったグラッパに生まれ変わっていたのです。

個性豊かな丸い香りと味わい

ベルタ ブリック・デル・ガイアン グラッパ・ディ・モスカート・ダスティ 2008

  • タイプ : グラッパ
  • 品 種 : モスカート
  • 国 : イタリア
  • 国 : ピエモンテ

輸入元参考価格:
16,200円(税込)→キャンペーン価格12,999円(税込)

ご購入はこちら

アスティ県モンバッルッツォ、ベルタ社所有のブリック・デル・ガイアン畑のモスカート・ダスティを100%使用。蒸留後、ミディアム・ローストしたアリエ産、トロンセ産225Lのバリックで7年4ヵ月熟成させています。ベルタのヴィンテージ・グラッパは、赤ワインから造られているものがほとんどですが、例外的に白ブドウを使用。この香り高いモスカートから得られるグラッパは、オレンジ、グレープフルーツ等の柑橘系の香りや、セージ、ハチミツ、バニラ、ドライフラワー等、複雑で華やかな香り。フルーティでやわらかい口あたりは44%のアルコール度数を感じさせません。アフターにエレガントな余韻が長く続きます。

ベルタ社の創始者、パオロ・ベルタ氏に捧げるべく造られた極上のグラッパ

ベルタ パオロ・ベルタ リゼルヴァ・デルフォンダトーレ 1996

  • タイプ : グラッパ
  • 品 種 : ネッビオーロ
  • 国 : イタリア
  • 国 : ピエモンテ

輸入元参考価格:
31,320円(税込)→キャンペーン価格23,999円(税込)

ご購入はこちら

バルベラ・ダスティ、バローロ用ネッビオーロのヴィナッチャを蒸留後、19年3ヵ月間熟成させています。内11年間は3,000Lの大樽で熟成、残りはミディアム・ローストしたアリエ産、トロンセ産の225Lのバリックで熟成させますが、3年に1回新樽に移し替えています。出来上がったグラッパは、熟した果実、ドライフラワー、オレンジピール、チェリー、カカオ、バニラの複雑な香りに頭がくらくらしそうになります。新樽を何度も使いながらも樽のニュアンスが強すぎることはなく、むしろなめらかでバランスの良く、リッチで複雑な味わいが口中に拡がります。パオロ・ベルタ氏に捧げるべく造られた極上のグラッパで、自信の逸品。年間生産本数5,376本の稀少品です。


最近見た商品

表示モード: スマートフォン