ブブカゼロはAGAにどれくらいの効果がある?発毛剤リアップとの違いは?

AGAは、Androgenetic Alopeciaの略で、日本語では男性型脱毛症といいます。

男性ホルモンが抜け毛を促進してしまい、円形脱毛症などの突発的な薄毛を除くと、薄毛になってしまうほとんどの原因はAGAにあるようです。

あなたもAGA。わたしもAGAです。

AGAは年々進行していくと言われており、早期治療が推奨されているのですが、ではブブカゼロはAGAにどれくらい効果的なのか気になるところですよね。

そもそも、効果がないのであれば使う意味がないですし。。

かたや一方でAGAに効果的だといわれているのが発毛剤であるリアップです。あの相棒の右京さんがCMをしているやつですね。

AGA対策をメインとするならブブカゼロよりリアップを使ったほうが良いのではないか…?

そこでこのページでは、

  • AGA対策にブブカゼロは効果があるのか?
  • さらに発毛剤リアップとブブカゼロではどちらを使った方が良いのか?

という点についてご紹介したいと思います。

ブブカゼロにはAGAの原因に対策できる成分が5つ配合されている!

AGAは男性ホルモンが原因となり発生すると言われていますが、そのメカニズムを少し調べてみると、薄毛治療の権威と言われている坪井良治教授がまとめた論文に、AGAの原因についてこのように記載がありました。

男性ホルモンは骨・筋肉の発達を促し,髭や胸毛などの毛を濃くする方向に働く.しかし,前頭部と頭頂部などの男性
ホルモン感受性毛包においては,逆に軟毛化現象を引き起こす.テストステロンから活性化された dihydrotestosterone(DHT)が男性型脱毛症の発症に大きく関係している
引用:日薬理誌|男性型脱毛症治療の現状と今後の展望

この文章を読み込んでみると、どうやら、DHTという物質が抜け毛が増やし、薄毛を促進してしまう正体のようです。

このDHTというのは、体内にある男性ホルモン(テストステロン)が、5αリダクターゼという体内酵素と合体することで発生してしまうのだとか。

「そんな仕組みで薄毛になるんだー」と感心しながらも、これはよくない。

どうにかならないのかさらに調べてみると、男性ホルモンではなく、5αリダクターゼの活動を抑えることでAGAを防ぐことができるようなんです!

DHTをぶっつぶすわけではなく、5αリダクターゼをぶっつぶすことによって、そもそもDHTができない状態を作ろうとするわけです。

「この仕組み解き明かした方ってすごくない?」と思いながらブブカゼロの配合成分を見てみると、この働きをする成分が5種類配合されています。

ブブカゼロのシグナルブロッカー成分

  1. ビワ葉エキス
  2. チョウジエキス
  3. ジオウエキス
  4. オウゴンエキス
  5. ホウセンカエキス
この5つの「シグナルブロッカー成分」により、AGAの原因に対してはきちんと予防できていることがわかります!

もちろん、ただ、原因を抑制するだけでは髪の毛は生えてきません。

そこでブブカゼロにはAGA対策成分以外にも、毛根を活発に活動させたり、頭皮環境を整えたりなど、髪の毛が成長するための配合成分を合計92種類の高密度でバランスよく配合しています。

さらに、育毛剤だけでなく、シリーズアイテムであるサプリメントにもケア成分が配合されているのはご存知ですか?

酵素が作用してAGA以外の薄毛の原因にアプローチすることができる

ブブカサプリ

ブブカゼロにはシャンプーセットとサプリセットがあります。

このサプリセットについているブブカサプリメントには、体内に取り込んだ食物の消化吸収を高める酵素を含む31種類の成分が配合されています。

さらに、腸内環境を整える乳酸菌、代謝をよくするビタミンPやバイオペリン、摂取した成分を即エネルギーに変えるビタミンB群などにより、髪の成長に必要な栄養素を作り出す役割があるのです。

先述の通りAGAは男性ホルモンが原因で発生しますが、別の原因として食生活や睡眠時間が短いなど生活習慣が悪いと薄毛の原因になります。

体が健康でないと、生える髪の毛も生えない可能性があるんですね。

ブブカサプリはここに着目し、体を健康にすることで髪の毛が生える土台をサプリで作ることができるんですね。

ブブカゼロで外側からAGAの原因に対してアプローチすると共に、ブブカサプリではそれ以外の薄毛の原因に対して、内側からアプローチすることができる訳です!

AGA対策発毛剤として効果的とされているリアップとブブカゼロの違い

では、次にAGA対策に効果的といわれている発毛剤リアップとブブカゼロを比較してみましょう。

発毛剤リアップには「ミノキシジル」という世界的にも”生える”とされている薄毛界のスーパースター成分が配合されています。

サッカーでいえばメッシ、バスケットボールでいえばマイケルジョーダン、ゴルフでいえばタイガーウッズと思ってもらって大丈夫です。

AGAに対してどう対処するのかといえば、ブブカゼロのように原因物質を叩くようなメカニズムではありません。

ミノキシジルは、血管自体を拡張してとにかく血行を良くし、生えている髪の毛を元気にもできるし、髪の毛がなかったところにも毛を生やす強力な発毛パワーがあります。

さらに、リアップは「第一類医薬品」として区分されているため、正式発売前には「臨床試験」という実際に薄毛の人へのテストを行っています。

4ヶ月後には、ほぼ80%近くの方が、なんらかの改善がでたという結果がネットでも公開されています。

リアップの効果データ
引用:リアップX5プラスの発毛効果データ

AGAクリニックでもミノキシジル配合発毛剤を処方されることから、病院でもらえると薬=リアップといっても過言ではない訳ですね!

ここまでの説明だけをみると、どう考えても「AGA対策にはリアップ一択」と思う方もいるでしょうが、少しお待ちを。

というのも、リアップには効果がありすぎるあまり、デメリットもあるのです…。

そこで、効果以外のブブカゼロとリアップをスペックを比較しながら説明したいと思います。

リアップとブブカゼロを比較してみる

世界的にも効果が認められているリアップとブブカゼロはどのように違うのか確認してみましょう!

ブブカゼロは医薬部外品、リアップは医薬品という違いがある

育毛剤の効果については、厚生労働省が配合成分などをもとに第一類医薬品→医薬部外品→化粧品と分類され、この順番に効果が高いとされています。

第一類医薬品は、病院でも処方されるレベルで発毛効果があると認められており効果は抜群。

一方、医薬部外品は人体に対して緩やかな効果があるとされています。(化粧品は頭を保湿することしかできないため論外としておきます…w)

広告などでは、第一類医薬品は髪の毛が生える(発毛効果)と言えるのに対して、医薬部外品は抜け毛の予防や髪を元気にする効果(育毛効果)が期待できるといえるのです。

微妙な効果の違いが分かりますかねw

リアップは第一類医薬品である一方、ブブカゼロは医薬部外品です。

効果だけを見れば当然第一類医薬品一択になるのですが、効果がありすぎる故に、副作用があることも示されています。

病院で処方される風邪薬もよく見てみると副作用についての記載がありますが、リアップにも副作用があるんですね。

実はこれが、リアップのデメリットなんです。

リアップには副作用があるが、ブブカゼロは副作用なし!

リアップの副作用とはどういうものなのか?

特にリアップは医薬品の中でも副作用になる確率が高いものとして第一類医薬品に分類されています。

厚生労働省のサイトでも第一類医薬品と医薬部外品についてこのように記載されています。

第一類医薬品と医薬部外品
引用:厚生労働省

一方、ブブカゼロは、右側にある医薬部外品に区分されています。

リアップは特に注意が必要な成分を配合しているのに対して、医薬部外品のブブカゼロは安全性上特に問題がないとかかれていますね。

では、リアップはどれくらい注意が必要なのか?

まず副作用の確率についてですが、使用者全体に対して8.82%と、厚生労働省の報告書で公開されています。

実にいろいろな症状が出ていますが、全体として9人に1人くらいは副作用になるんですね。

副作用の症状としては、主に皮膚のかゆみや炎症のほか、動悸などの症状を発生してしまうようです。

これらは使用を止めれば収まる場合がほとんどだそうですが、ひどい場合は病院へいき治療をしないといけません。

毎日使い続けることで、効果を感じることができるのに使用すらできなくなってしまうんですね。。

お金払って発毛剤買って、痛い思いをして副作用になって、結果効果がでずに全てパー。。

副作用、最悪ですね。

リアップを使うと効果は実感できるかもしれないけれど、副作用のロシアンルーレットみたいなことにもなりえるんですね。

ブブカゼロは副作用が限りなく少ない成分配合

一方、ブブカゼロ。

そもそも医薬部外品は配合成分的に緩やかな効果しか見込むことができない一方で、副作用がほとんど起こらない成分しか配合することができません。

設計段階から医薬部外品を使用して副作用になることはあまりないんですね。

ただ、まったくゼロというわけではなく、成分以外の添加物により副作用が起きる可能性はあります。

特に防腐剤で配合されているアルコールにより、頭皮が炎症してしまう可能性も数%ですがありえるようです。

じゃあ、ブブカゼロは大丈夫なのかというと、大丈夫!

ブブカゼロの添加物フリー

ブブカゼロはアルコールを含む、副作用の可能性がありそうな添加物を9つカットしており、頭皮にとても優しい設計になっています。

これらから、ブブカゼロを使用して副作用になる確率は限りなく0%に近いんですね。

では、最後に配合成分についてご紹介してみます!

リアップはAGA対策成分を配合しているが、ブブカゼロはAGA対策成分以外も配合している

リアップには、先ほどから説明しているミノキシジルを配合しています。

血管を拡張する効果があり、頭皮の血行促進をすることで、髪を元気にすると共に髪の毛がなくなった部分にもアプローチすることができます。

それ以外にも、ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル 、l-メントールなど有効成分を含む、全9種類の成分が配合されています。

これらは、皮脂の過剰な分泌や酸化の抑制、頭皮かゆみを抑えるといった、ミノキシジルの働きをサポートするために配合されています。

が、あくまでもミノキシジル頼りというのがリアップの特徴です。

一方、ブブカゼロの配合成分。

AGA対策成分を5つ配合していることは先ほどご紹介しましたね。

AGA対策成分以外にも、髪の毛根にあるバルジ領域を活性化させるM-034、頭皮の潤いを促すマジョラムエキスやヒアルロン酸とコラーゲン、血行促進効果や頭皮の酸化を抑えるセンブリエキスや酢酸トコフェロールといった成分が配合されています。

これら以外にも大量に成分は配合されており、全部で92種類という圧倒的な配合成分量なのもブブカゼロの特徴です。

AGAへのケアはもちろん、AGA以外の薄毛の原因にもアプローチすることができます。

さらにブブカゼロには、シャンプーやサプリも用意されています。

シャンプーを使えば頭皮環境の悪化が原因となる薄毛にアプローチできますし、サプリを使えば体の不調からくる薄毛にもアプローチすることができます。

ブブカゼロは内から外からトータルケアすればするほど、より効果が高まるのが特徴といえるでしょう。

副作用にならずに効果を出すならリアップよりブブカゼロがオススメ

では、ブブカゼロとリアップではどちらを選べばいいのか?

整理すると、絶対に効果のあるものしか使いたくないという人はリアップを選んだ方がいいでしょう。

国からはもちろん全世界で効果ありと認められている実力は、間違いありません。

ただし、やはり気になるのが副作用についてですね。

リアップを選んだとしても約9人に1人が副作用のリスクがあるデメリットがあります。

私はこれをウィークポイントの一つと感じ、効果が出るまで同じ時間がかかるなら…とブブカゼロを選びましたね。

悪い口コミをかなり探しましたが、ブブカゼロで副作用になった報告は本当にみかけませんでした。

配合成分的に、ブブカゼロで副作用になることは本当に0%に近いのだと思います。

ただし、ブブカゼロは、リアップに比べるとどうしても効果がゆるやかなので、毎日しっかり使い込まないと効果を出すことはできません。

効果を出しやすい最強の使い方については、ぜひこちらもお読みください。

副作用のリスクが許せないという方は、ブブカゼロを選んでみるのが良いのではないでしょうか。

コメントを残す